02
評価試験センター
石川 聡美
ISHIKAWA SATOMI
2017年入社

製品の試験系の確立を通じて、医療機器の発展に貢献する。

Section 1

若手に責任ある業務を委ねるカルチャーがある

医療機器を製造、販売するためには国へ申請(薬事申請)をしなければなりません。そのために私の所属する評価試験センターでは、主に開発部が開発した製品が治療に有効か、人体にとって安全であるか(有効性と安全性)を評価するという役目を担っています。さらには薬事申請や生産移管にも関与しています。
その中で私は現在、血管内製品や消化管ステントを評価するための評価指標や評価方法といった試験系の確立に取り組んでいます。自分の考えた試験方法により製品の機能が評価可能であるか生体内の環境を模倣できているかなどを考えるのは大変難しいことですが、若手のうちからこのような責任ある仕事を任せてもらっていることに、大きなやりがいを感じています。

Section 2

研修を通じた学びも、成長の強いバネに

1年目は上司のアドバイスを受けながら試験を1人で担当できるようになり、2年目の現在は評価系そのものを自分で考えることに挑戦させてもらっています。
最初の頃は目の前の仕事に無我夢中で取り組んでいましたが、最近では、自分は業務全体のどの部分を担っているのか、次のステップはどうなっているのかなど、開発から販売までの流れを意識しながら仕事に取り組めるようになりました。こうした成長を実感できるのも、自分で考え、自分で取り組むことが求められる環境のおかげだと感じています。人事研修の1つであるチームビルディング研修などの機会を通じて、他部署の先輩・後輩の経験を活かした考え方を吸収できたことも、思考の幅を広げることにつながっています。

Section 3

病気で苦しむ人たちを救いたいという志を胸に

当社の魅力は、やはり若手に活躍の場が用意されていることと、会社全体に新しいことにチャレンジする姿勢があることです。これは、入社前に感じていたイメージそのものでした。また、入社してさらに強く感じるのは社員の距離が近いこと。年次の近い先輩はもちろん、上司と話す機会も多いです。
もともと私が当社を志望したのは、父の手術をきっかけに、医療機器の開発を通じて病気で苦しむ人を救いたいと思ったことが理由でした。当社のNajutaと呼ばれるステントグラフトが医療機器が患者様の1人ひとりにフィットするようにつくられていることを知って、温かみのある企業だと感じたことも、背中を押してくれました。
夢は、現在の部署の業務だけにとどまらず、市場にどういうニーズがあるのかを調べ考え、新規開発品に探索から関与し、自分の手で上市することです。世界の医療ニーズをキャッチし、応えていくことで、これからの社会に貢献していきたいと思います。

PAGE TOP