社是・プロフィール

社是
  1. 我が社は、生命の尊厳を基本とし、医療を通じて全人類の幸せを希求する。
  1. 我が社は、常に高度な技術に挑戦し、パイオニア精神に徹する。
  1. 我が社は、全世界を対象として、信用を重んじ、慎重にして果敢なる行動を展開する。
  1. 我が社は、資本と人と地域のため、公正なる利益を追求し、常に向上を目指す。

 

 

ディスポーザブル医療機器のグローバルメーカー 先端医療機器にも注力
代表取締役社長 川野 幸博 川澄化学は、日本初のプラスチック製の採血・輸血セットを実用化したことをきっかけに1957年に設立されました。その後も、輸入品に頼っていた人工腎臓(ダイアライザー)を国産化するなど、日本のディスポーザブル医療機器のパイオニアとして様々な医療機器の開発を行ってきました。
現在、人工透析関連製品のほか、血液浄化関連製品、血液バッグ、血管内治療用カテーテルなどを、グローバルに事業展開しています。
国内外の生産拠点では、原材料から完成品までの一貫生産体制を確立しており、世界各国の厳しい基準をクリアする品質マネジメントシステムのもと、世界中に高品質な製品を提供しています。
また、患者さんの身体的負担が少ない先端医療機器の研究開発にも力を入れており、時代とともに変化する医療ニーズに応える製品を提供しています。
川澄化学は、医療機器に求められる安全性、機能性、利便性を追求するとともに、安定供給に努め、医療を通じて世界の人々の幸せと社会への貢献を果たしていきたいと考えています。