環境活動の取り組み

  • エネルギーの有効利用の推進
  • 環境負荷の軽減の推進
  • 環境コミュニケーションの推進

エネルギーの有効利用の推進

当社の主力生産工場ではエネルギーのさらなる効率的な利用を推進するため、生産設備の稼働や空調の使用状況について見直しを行い改善を推進しています。高効率設備への更新および設備稼働時の運用改善、クリーンルームの室温・湿度管理方法や運転サイクルを見直し、空調効率の向上などを図り、最も効率のよいエネルギー利用を目指す環境活動に取り組んでいます。
また、本社や支店営業所等のオフィスにおいても、空調設定温度および照明照度の見直しや昼休み時間の消灯、クールビズを実施し、全社で省エネ・節電を行っています。

工場のエネルギー使用量(原油換算量)の推移
工場のエネルギー使用量(原油換算量)の推移
※川澄プラテック㈱を含む(2011年度~2016年度)

環境負荷の軽減の推進

当社の事業活動によって工場から排出される廃棄物は、資源の有効利用を図るために工場内で分別され、契約を締結した指定業者に処理を委託しています。排出された廃棄物が確実に処理されていることを確認するために、定期的に指定業者への査察も実施しています。
また、生産工場では廃棄物のうち、再資源化できる物は有価物(マテリアルリサイクルおよびサーマルリサイクル)として指定業者に処理を委託しています。
本社・支店営業所等ではコピー用紙購入量削減のため、使用済みコピー用紙は回収し、リサイクル業者を選定して再生用紙の原料となるよう、処理を委託しています。

そのほか、私たちにできることのひとつとして、社内でPETボトルキャップのリサイクル回収を行い、学校やボランティア団体の活動に協力しています。

環境コミュニケーションの推進

当社は、自ら環境保全活動を推進し、地域社会に当社の環境への取り組みを理解していただき、信頼関係を構築していくことが重要であると考えています。地域と一体となった環境活動を通じて定期的にコミュニケーションを図ることを大切にしています。
三重工場では、当社従業員による近隣河川の清掃活動を行っています。また、新入社員研修の一環として、大分県が進める小規模集落応援活動に協力し、地域住民の方々とともに、道路の清掃や苗木の植樹などを行っています。

環境コミュニケーションの推進