血管内治療関連製品

カワスミNajuta胸部ステントグラフトシステム

MRI情報

カワスミNajuta胸部ステントグラフトシステム(以下、Najuta)はGE社製MRI Twin Speed 1.5T
及びSigna Exite HD 3.0Tを使用した規定の条件下での非臨床試験の結果から、MRI適合性が示されています。

【条件】

・静磁場強度:1.5Tまたは3.0T
・空間勾配磁場:1400Gauss/cm以下

【発熱性】

Najutaは非臨床試験において、3個のステントグラフトを重複した状態でMRI撮影を行った結果

・静磁場強度:1.5T
15分間のMR画像化においての最大全身平均比吸収率(SAR)3.77W/kgにて3.19℃以下の温度上昇が認められた。
・静磁場強度:3.0T
15分間のMR画像化においての最大全身平均比吸収率(SAR)1.89W/kgでの発熱は認められなかった。

【注意】

・Najuta留置後、診断領域が同一の部位または留置位置に近接した部位でのMRI 撮影においては、画像にアーチファクトの影響が生じる可能性がある。

MR conditional(条件付きでMRI可能)

お問い合わせ

製品に関するご相談、ご不明点はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

フォームからのお問い合わせ