大動脈瘤の原因、予防

原因

大動脈瘤の原因の多くは動脈硬化といわれています。
動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりし、柔軟性や弾力性が衰えた状態をいいます。

予防

動脈硬化における危険因子は、「高血圧」「脂質異常症」「喫煙」といわれています。
危険因子の予防策として、医師から血圧の管理や食事におけるコレステロール摂取を減らす、
禁煙等が勧められます。

動脈硬化によって動脈の壁が脆くなる