治療方法について

大動脈瘤が小さい場合は 経過観察(けいかかんさつ) となりますが、定期的に医師の診断を受け瘤が大きくなっていないかを検査します。
大動脈瘤が拡大傾向にある場合、または急速に拡大している場合は破裂する危険性がありますので、医師の判断により破裂しないよう、または身体の他の部位への血流に影響をおよぼさないよう、治療を受けることを勧められます。 胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう) の代表的な治療法には、以下の2つがあります。

人工血管置換術(開胸術) ステントグラフト内挿術