胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう) とは?

正常な大動脈 胸部大動脈瘤発症後
上行大動脈瘤 弓部大動脈瘤 下行大動脈瘤

大動脈瘤とは、心臓から全身へ血液を送る最も太い血管である大動脈が
こぶ状に拡大する病気です。
胸部周辺の大動脈に動脈瘤ができることがあり、これを 胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう) と言います。
動脈瘤ができても血管の機能が低下することはなく、自覚症状もほとんどありません。
しかし、破裂すると激痛が胸や背中にはしり、大出血による意識障害が起こり、死亡することもある恐ろしい病気です。