血液および血管内関連-血管内

事業概要

血液および血管内‐血液川澄化学は、1990年代初めにカテーテル関連製品の生産販売を開始し、これまでバルーンカテーテル、マイクロカテーテル、胸部大動脈ステントグラフトなどを開発してきました。
開胸・開腹手術を必要としない血管内治療(カテーテル治療)は、患者さんの身体的負担が少なく、また入院日数の短縮にもつながることで医療経済性の高い治療法として、高齢化が進む先進国をはじめ、医療水準の向上が進む新興国などにおいても、その需要は拡大するものと見込まれています。
川澄化学は、これからも高度な技術に挑戦し続け、患者さんの身体に優しい血管内治療用の医療機器をグローバルに展開していきます。

高度な技術で低侵襲治療を実現

血管内治療は、動脈硬化などによって詰まったり狭くなった血管を拡張するものや、血管を塞栓あるいは閉塞させることにより出血や腫瘍に対する治療を行うものなどがあります。
脚の付け根や手首などの血管に小さな穴を空けカテーテルを挿入して治療を行うため、回復が早く、患者さんの身体的負担が少ない治療法です。


対象疾患の一例 - 虚血性心疾患、動脈瘤、肝臓癌など血管内治療の対象疾患は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や動脈瘤などの治療のほか、血管塞栓術のように癌に対する治療もあります。


大動脈瘤の治療 - ・人工血管置換術(手術)、ステントグラフト内挿術(血管内治療)大動脈瘤は、胸部あるいは腹部の大動脈の径が拡大し、こぶ状になったものです。大動脈瘤が破裂すると大量に出血するため、致死率が非常に高くなります。
大動脈瘤の治療法として、胸部あるいは腹部を開いて人工血管に取り替える手術(人工血管置換術)と、血管に細い管(カテーテル)を挿入して人工血管を患部に装着するステントグラフト内挿術があります。


ステントグラフトは、人工血管にステントと言われるバネ状の金属を取りつけた人工血管で、これを圧縮して細いカテーテルの中に収納して使用します。脚の付け根を4~5cm切開して動脈内にカテーテルを挿入し、動脈瘤のある部位まで運んだところで収納したステントグラフトを放出します。放出されたステントグラフトは、金属バネの力と血圧により広がって血管内壁に張り付けられるので外科手術のような大きな手術は必要ありません。

製品紹介

血液バッグ

世界初のフェネストレーション(開窓)が施されており、脳へつながる血管を塞ぐことなく留置できるため、胸部大動脈の弓状部分にできた瘤にも適応が可能となっています。

分離バッグ

直径1mm以下の細いチューブで、細い血管(1~2mm)に対するX線造影や、肝臓などの癌への薬剤注入、あるいは癌へつながる血管を塞栓物質で詰める血管塞栓術などに用いられます。

医療関係者の方向けの製品情報(血管内治療)はこちらから